ラボ型開発事業

オフショアのラボ型開発ではなく、日本国内のエンジニアを使ったニアショア型のラボ型開発を行っております。
ウォーターフォール開発だけでなく、アジャイル開発にも対応しており、ご利用いただいているクライアントの方に高い評価をいただいております。

独自のラボ型開発にてご支援いたします

一般的な受託・請負・準委任の開発とは違う、弊社独自のラボ型開発を提供します

準委任とは違い、チームでご支援を実施します

開発作業に付随する、仕様の整理・確定なども実施します

一般的なラボ型開発の違い

フルリモートではなく一部出社もいたします

ラボ型はフルリモートが基本ですが、必要に応じてお客様先へ出社します

特に対面でコミュニケーションを取った方が良いタイミングは出社します

詳細な仕様書は不要です

要件定義(実現したいことと要素の一覧)程度で作業可能です
ですが、詳細を決定しなくてはいけないときにはコミュニケーションの場の設定させていただきます

社員のようにプロジェクト内で自由に作業をご依頼ください
また、エンジニア主動で開発が進んでいくように動いていきます

実績

  • CTIツール開発案件 ※社名非公開
  • ソーシャルゲーム開発案件 ※社名非公開
  • 業務効率化ツール開発案件 ※社名非公開
  • 営業支援ツール開発案件 ※社名非公開